O2Oアプリ

オンラインショップと実店舗を融合させ、相乗効果で売上拡大!!

O2Oとは、インターネット上「オンライン」から、インターネット外の実店舗等「オフライン」へ行動を促すこと等、インターネット上「オンライン」とインターネット外の実店舗等「オフライン」の購買活動が連携し合うことは、O2O(オーツーオー) と呼ばれ、近年のスマートフォン端末やソーシャルメディアサービスの普及に伴って、マーケティング施策の1つとして注目を浴びています。

O2Oアプリについて

特に最近、スマートフォン端末が一般的に普及したため、時間や場所を気にせずインターネットが使いやすい環境が整い、GPSやプッシュ機能等オンラインとオフラインをつなげる機能もより活用できる環境が整ったことから、オンラインとオフラインの購買活動をうまくつなげてゆく施策はその重要性を増しています。

ECアプリの施策

スマートフォンアプリの特性を活かしたアプリ

GPS、NFC、カメラ、Bluetooth LE、加速度センサーなど機能があります。さらにAppleやGoogleと連携した通知機能があります。これらの機能を利用したアプリでヘビーユーザーの囲い込みを実現できます。

ECアプリでO2O施策
株式会社アピリッツロゴ
アピリッツではスマートフォンアプリの企画・開発・運用運用を行っております。 複数OS(iOS,Android,Windowsストア)の同時開発はもちろん、Webシステムも一から開発することも可能です。